2020.11.30 サイトopen!

【農業指導者紹介】可愛い直売所と美味しいりんご、それから…

菊地英男果樹園・菊地合名会社

道の駅さくらの郷から車で1分のところにある菊地英男果樹園。フジやジョナゴールド、王林をはじめ、さまざまなりんごを農の軸にする傍ら、独自で直売所を持ち、秋から冬の間にオープンする。

ウッドデッキ風の可愛らしい直売所の建物の中には、その時旬なりんごが並んでいるだけでなく、加工所も併設されているため、ジャムやドライフルーツ、パンやアップルパイなどの加工品も販売されている。

菊地さんのりんごの実る季節を待ちわびているお客さんは多い。現に、このインタビューの最中も、常連さんやトラックの運
転手が戸口を叩く。里山の中に農家さんは数多くいるが、直売所を持って販売しているところは稀だろう。

新鮮なリンゴを使ってつくるアップルパイはすぐに売り切れてしまう人気商品。セミドライ加工した「やみつきりんご」も文字通りの美味しさ。


さらに驚くのは、この果樹園のもう1つの顔、『田舎暮らし特化の不動産屋(菊地合名会社)』だ。田舎暮らしをしたい人にむけて、宅地の販売や物件の仲介を行う。

菊地さんのお世話になって、いわしろに移住した人もいて、実績は十分。地域住民としてのアドバイスもでき、移住者の考える田舎暮らしの物件のポイントも押さえた、頼れる里山の不動産屋さんだ。

笑顔のすてきな家族。チームプレイで果樹園を盛り立てている。

家族で果樹園を営みつつ、不動産の担当は英男さん、ジャムの担当は奥さんの美穂さん、そして埼玉県より嫁いだ留美子さんがパンやアップルパイをつくる。家族のチームプレイはばっちりだ。

「時折、知り合った大学生なんかが農業体験をしに来てくれるんですよ。軽作業ですが1度教えると真剣にやってくれます。」と美穂さん。多彩なコンテンツを持つ果樹園を、ぜひさまざまな目的で、訪ねてみてほしい。

あぶくま高原岩代りんご 菊地秀男果樹園
〒964-0301 福島県二本松市東新殿字祈祷堂内6
ホームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

目次
閉じる